【Hotel’s News】2022年京都東山に日本初となるバンヤンツリー・グループのホテル開業が決定

Hotel’s News

【Hotel’s News】
Voyager編集部が厳選したホテルの最新ニュースをお届けします。
詳細、ご予約などは各ホテルに直接お問い合わせください。


1994年、タイ・プーケットに旗艦ホテルとなるバンヤンツリー・プーケットが誕生して早25年。満を持して日本進出が決定しました。2019年3月5日、バンヤンツリー・ホールディングス・リミテッド、エグゼクティブ・チェアマンのホー・クウォンピン氏とウェルス・マネジメント株式会社代表取締役社長、千野和俊氏の両名が、京都市東山区にある『ホテルりょうぜん』の再開発計画に伴う開発完了後の新ホテルの運営委託契約を集結したことを発表しました。これにより日本初となるプロパティが2022年春に開業します。

(左)バンヤンツリー・ホールディングス・リミテッド、エグゼクティブ・チェアマン ホー・クウォンピン氏 (右)ウェルス・マネジメント株式会社代表取締役社長、千野和俊氏

バンヤンツリー・ホールディングス・リミテッドはバンヤンツリーアンサナカッシーアダーワの4つのブランドを所持し、プレミアム・リゾート、ホテル、レジデンスを魅力的な地域や都市に展開。そしてスパ業界をけん引する国際的な運営および開発会社として、世界23か国に49軒のホテル&リゾート、63軒のスパ、75軒のギャラリー、3つのゴルフコースの開進を続けています。日本進出に至ってはかねてより発表・計画が進められ、その候補地の発表が心待ちにされていました。

1994年に誕生したトロピカル・ガーデンスパはその後のスパブームを牽引。セラピストを養成する独自のアカデミーを運営するなどゲストを癒すおもてなしに徹している

“バンヤンツリー”とは旅人の休息の場となる樹として知られる菩提樹といういう意味。そして用意された新たな舞台は、京都という歴史と文化を受け継ぐ古都です。マスターアーキテクトに隈研吾氏を迎え、客室数60室、スペシャリティ・レストラン、バー、ライブラリー、温泉、ジム、そして数々の受賞歴を誇るバンヤンツリー・スパの開発を予定。インターナショナルブランドとしては京都市中心部で初めて、且つ唯一のラグジュアリー温泉付きホテルとなります。

全室ヴィラで佇まいがリゾート気分をさらに加速させてくれるバンヤンツリー・プーケット

各プロパティでオンリーワンの存在とホスピタリティ、サービスを提供してきたバンヤンツリーの誕生が待ち望まれます。

なお、本誌ではバンヤンツリー・プーケット、バンヤンツリー・マカオを取材・掲載しています。







Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。




Voyager編集部

3,144,229 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image