【Asian Journey2-2】深水埗から放たれる伝統への挑戦1 『公和荳品廠』 蘇意霞さん

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。第2弾は大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化をお送りします。


くて新しい街、深水埗(シャムスイポー)をご存じでしょうか? 旅の目的が街歩きならば香港を歩く際には欠かせないエリア。日々変わっていく香港の街並みに相反して下町の風情を色濃く残しています。からこそ深水埗は観光地とは程遠く、この辺りに住む人々のための愛すべき商店街でした。脚光を浴び始めたのは僅か2、3年前のことで香港好きの旅人でもまだ足を運んだことがなくても無理はない地域なのです。

「香港の秋葉原」とも呼ばれていて電子機器や部品、雑貨を商う店や露店が立ち並んでいるのも特徴です。一方、リボンやビーズ、糸他の手芸雑貨店が豊富なことでも知られています。土日ともなると観光客も加わりごった返します。近は飲食店情報を網羅するOpen Riceに数々の店舗の評価が掲載されていることもあり、ここでしか味わえないローカルフードを目指して訪れる観光客が増えてきています。近頃、日本に上陸した”世界一安いミシュランレストラン”と注目される飲茶店『添好運(ティム・ホー・ワン)』もここに本店があります。


々の旅の目的が今、変わり始めています。かつては有名な観光スポットを忙しくめぐり、スケジュールに追われてあっという間に家路に着く。そんな型通りのプランからははずれ、訪れた国の文化を知る、人や自然に触れ、ひと時でもその街の空気に染まりたいと考える旅行者が増えてきたのです。んな中、スポットを浴びたのが深水埗。ここに似合う言葉は混沌懐古。それは歩けば歩くほど深くなり、親しみさえ感じさせ随分前から知っていたような錯覚を引き起こします。かも、ただ懐かしいだけではありません。常に香港を物語るにふさわしい数々の文化が生まれ、放たれています。しかも後継者であり発信者の一端は30代、40代とまだ若く、その分伸び伸びと伝統と文化の語り部を務めているのです。こでまず豆腐製品専門店『公和荳品廠』レニーこと蘇意霞さん(33歳)を訪ねました。

創業100年の伝統と共存し響き合う、若き後継者

前9時、まだ目覚め切らない深水埗の一角にその『公和荳品廠』があります。店頭には絹、木綿といった豆腐や豆乳、豆腐を使った軽食が並びます。店内で朝食代わりに食べる客、持ち帰りの客と常に人々が行きかい、活気が放たれています。

■『公和荳品廠』(Kung Wo Beancurd/コン・ウォー・タウ・パン・チョン)
住所:香港深水埗北河街118號地下
G/F, 118 Pei Ho Street, Sham Shui Po,Hongkong
電話番号:+852 2386 6871
営業時間:07:00~21:00
定休日:無休(ただし旧正月の3日間は休み)
HP:https://www.facebook.com/kungwosoya/

業は100年程前でこの地に店を構えて60年になるといいます。趣ある店内、赤いTシャツ姿でキビキビと接客をする人こそ『公和荳品廠』の若き後継者、レニーさんです。

から20年前、両親が親友であった先代経営者から歴史と味を受け継いで欲しいと強く望まれ、ここを買い取ったといいます。女が父、蘇崇亷さんに学んで共同経営を始めたのは5年前のことでした。


◆店主、蘇崇亷さん 写真提供:公和荳品廠

ニーさんは学生時代は留学先のイギリスでファイナンスを学び、帰国後はセントラルのJPモルガン・アセット証券、ゴールドマンサックス証券に勤務。エリート街道まっしぐらに進んでいた彼女が老舗とはいえ、手にしたキャリアを投げ打って、どうして家業を担ったのでしょうか? 

「この店には年月と共に育まれた昔ながらの食のスタイル、雰囲気が受け継がれていて、なにより代えがたいと感じていました。香港はどんどん発展し、急成長を遂げています。その一方で残念ながら伝統的なものが保護されていない傾向にあります。からこそ、守り、繋げるという役割りをこの家に生まれた私だからこそ果たさなければならないと思ったのです」

はや、こうした愚問に慣れてしまっているのか、こともなげに答えます。彼女が稼業に身を投じたのに合わせるかのように深水埗の流れは変わり始めました。2016年に『ミシュランガイド香港・マカオ』に新設されたストリートフード部門(米芝蓮街頭小食)には『公和荳品廠』以外にも、いくつか店が選出されています。日本のガイドブックにも掲載されていることから、この頃は日本人観光客が散策の折に訪れるようになりました。時代は彼女の歩く方向に流れている、そんな風にも見えます。

続きを読む

【バックナンバー】
【Asian Journey2-1】Introduction 大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化
【Asian Journey2-2】深水埗から放たれる伝統への挑戦1 『公和荳品廠』 蘇意霞さん
【Asian Journey2-3】深水埗から放たれる伝統への挑戦2 『寶華扎作』 歐陽秉志さん
【Asian Journey2-4】祖父から受け継いだ幸せを招く美しい花文字 赤柱(スタンレー) 花文字師、ジョナサンさん
【Asian Journey2-5】ランタンの灯で香港文化を明日へと繋ぐ ザ・ペニンシュラアカデミー by ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-7】招福と美食の殿堂 カオルーン シャングリ・ラ 香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-8】カオルーン シャングリ・ラ 香港  文化遺産ウォーキングツアーでたどる香港の軌跡と麗しの鳥かごアフタヌーンティーセット ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-10】 九龍エリアでリゾート 新たなる香港ホテルスタイルを提案 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-11】香港の美食を堪能 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-12】 ラブリー&ラグジュアリーで大人を魅了するブティックホテル ザ・ポッティンジャー香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ1-ART 香港島・セントラルに登場 香取慎吾さん作ストリート・アート『大きなお口の龍の子(大口龍仔)』
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ2-FOOD 食之劇場エグゼクティブシェフ 長屋英章さん
【Asian Journey2-15】香港と日本を繋ぐ翼 プレミアムエアライン、キャセイパシフィック航空1

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。

Voyager編集部

1,477,522 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image