【Asian Journey3-4】溢れるエンターテイメント! 驚きと感動の街、マカオ

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ必要なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える土地、ホテル、時に人をご紹介します。第3弾は新時代のラグジュアリー・リゾート 大人が恋するワンダーランド マカオをお送りします。

エンターテイメントの宝庫

西の古き良き街並みと相対し近代的で“アメージング”が詰まっているのもマカオの特徴です。カジノ文化と共に発展した統合型リゾートIRや名だたるラグジュアリーホテルの上陸により、かのラスベガスに勝るとも劣らないエンターテイメントが発信され続けています。そう、旅人を驚かせ、感動を与えるのもマカオ流のおもてなしのひとつでもあるのです。ではその魅力の数々をご紹介します。

圧倒のステージ ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター

目を見張るパフォーマンスや舞台の仕掛けの中、中国の美や音楽をとり入れた演出がオリエンタルムードを盛り上げる

・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(The House of Dancing Water・水舞間)。それは子どもから大人ばかりか言語すら選ばず楽しませることのできるショーです。統合型リゾート施設『シティ・オブ・ドリームス』内にある270度見渡せる特製のステージを含む劇場は、総製作費約230億円とアジアでは類を見ないスケールで建設されました。

「愛」を武器に正義を貫く古典的で且つロマンティックおとぎ話。映像でしか再現できなかったファンタジーを舞台で再現。しかも、この劇場でしか上演することができないため他国への上陸不可。だからこそ行く価値がある

ルク・ドゥ・ソレイユの創成期の立役者であり、今や世界的な演出家であるフランコ・ドラゴーヌ氏によって創作・演出されたこの舞台は、すり鉢状になった客席の中央にステージ兼プールが設けられています。瞬時に場面が変わる中、約1400万リットルという大量の水が使われ、サーカスでもオペラでもミュージカルでもない型にはまらない「初めて見る」世界が繰り広げられ、このためだけに「マカオに行く価値あり」とまで実感できるパフォーマンスとスケールです。

【ストーリー概要】
かつてのコロアン島の海岸で舟を漕ぐ漁師。突然、得体のしれないエネルギーが海面に泡立ち、渦に飲みこまれ伝説の世界へと連れ去られてしまいます。そこで途方に暮れた漁師は嵐に襲われた難破船の生き残りである異邦人が魔法の王国へと運んでいくのを目撃します。勇敢な若き異邦人は美しい王女アーニに出会い恋に落ちます。しかし王女は亡き王の王座を継がせまいとする残酷な継母・暗黒の女王によって檻に閉じ込められてしまいます。王女を救うために暗黒の女王に戦いを挑む異邦人とそれを手助けする漁師。苦難の末、暗黒の女王は闘いに倒れ異邦人と王女は結ばれ、漁師は思いがけない褒美を手にするのです。

詞がないため、見る人を選ばないのも魅力。さらに元・香港バレエ団のプリンシパルを務めた実力者、ヒロイン役のフェイ・ロングをはじめ様々な表現者が出演し日々観客を熱狂へと誘います。

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター The House of Dancing Water
住所:Estrada do Istmo, Cotai, Macau(CITY OF DREAMS内)
電話番号:+853 8868 6767
公式URL:https://www.thehouseofdancingwater.com/jp.html/

 

ケールの大きさでいえばゴールデン・リールも外せません。

幸運を運ぶ 8の字観覧車、ゴールデン・リール

スタジオ・シティ・マカオの中央でゴールドに輝く「8」。1台につき最大10名を収容でき、17台のキャビンが回っている

タイ地区の空に浮かび上がる近未来的なビル、そして「」の字。マカオのランドマークのひとつであるスタジオ・シティ・マカオの高さ130メートルに設置されたゴールデン・リールは中国圏でもっとも好まれる吉祥数字「8」の形に回る観覧車です。国式の新年のあいさつ「恭喜発財(お金がたまりますように)」の「発財」の「」は「8」に繋がることから金運アップの縁起のいい数字とされ、大変好まれます15分間の遊覧の合間に日々進化していくコタイ地区の風景や煌めく夜景を見せてくれます。

ゴールデン・リール Golden Reel
住所::Level 3, Studio City, Estrada do Istmo, Cotai, Macau
電話番号: +853 8868 6767
料金:大人1名 100パタカ
開園時間: 月~金 12:00~20:00/土日祝11:00~21:00
公式URL: http://www.studiocity-macau.com/

ホテルのエンターテイメント

石のように散りばめられるマカオのエンターテイメント。それはホテルやIRのなどでも見ることができます。無料で見られるカジュアルなアクティビティですが、いずれも幸運を招くイベントでダイナミックです。

ウィン・マカオ 吉祥エンターテインメント・ショー

るだけでなく楽しませるホテル、ウィン・マカオ。ウィンは漢字で書くと永利、広東語読みがウィンレイで「永遠の利益」という意味を持ちます。そしてホテルの前に広がるのは約300万リットルの水をたたえるパフォーマンス・レイク。音楽に合わせて300個の吸水ノズルから吹き出す噴水ショーを見ながらお食事ができる『リストランテ イル テアトロ』は食とエンターテインメントが融合したイタリアンレストラン。サプライズのディナーにもおススメです。

その名に「劇場」と付く『リストランテ イル テアトロ』。ショーを堪能できる個室が2つありオペラを観劇するようなラグジュアリーな時間を楽しめる

「水」はマカオの吉祥モチーフ。風水では水を操ることで良い運気をとらえ金運を向上させると考えられています。ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターしかりこうした噴水ショー、水をモチーフとしたインテリアやイベントなど様々な趣向が凝らされています。海に囲まれたマカオは「澳門」と漢字で書き「澳」には「水が奥深く入り込んだ湾や入り江」という意味を持つことから切っても切れない象徴です。

なみに2016年に開業したウィン・パレスではそのパフォーマンスレイクもスケールアップ。

空港と隣接を臨むウィン・パレス。特に正面の噴水がライトアップされる夜は大勢の見物客が訪れる。スカイキャブも無料で乗車できる

カイキャブと呼ばれるゴンドラが噴水の周りをめぐり、12時から24時の間に30回の噴水ショーを見ることができます。

らにウィン・マカオ内の円形広場で披露されるショーもこのホテルの名物。随時多くの観光客を集めています。十二支の描かれた金色の屋根の下、繰り広げられるのは2つのアトラクションです。

(左)吉祥樹(右)富貴龍

ずは四季を表現し富と成功を呼ぶ吉祥樹。天井からは21,000個のクリスタルで作られたシャンデリア。2000以上の小枝に枝分かれした60本の枝、98000枚の葉を纏い、24カラットの金と真鍮に彩られた11メートルの大樹が音楽と光の中に現れます。春夏秋冬を色と光で描くショーとなっています。

の吉祥樹と交互に30分おきに上演されるのが富貴龍です。8.5メートルの金箔を纏った巨大な龍が霧の漂う中、音楽と共に登場し眼光を光らせます。中央には4メートルのマカオのシンボル、蓮が咲くなど中国の伝統美を感じさせてくれます。

ウィン・マカオ Wynn Macau
住所:Rua Cidade de Sintra  Nape Macau
電話番号:+853 2888 9966
上演時間:毎日10:00~24:00(30分ごと)
公式URL:https://www.wynnmacau.com/jp/

ギャラクシー・マカオ 見る者を幸せにするフォーチューン・ダイアモンド

のような吉祥とプロパティの個性を表現するアクティビティは各所でおこなわれています。ギャラクシー・マカオのダイアモンド・ロビーで催されるフォーチューン・ダイヤモンドもそのひとつです。

水とダイヤモンドがさまざまな色彩に変化し、圧倒的な美しさで人々の足を止めさせる

雀の羽を象った優美な噴水から高さ現れる豊かな3メートルの富と幸運のシンボル、フォーチュン・ダイヤモンド。見る者すべてに幸運をもたらすとされます。このように至る所にスペクタクルが散りばめられ、しかもどれもゴージャスなのがマカオらしさだと実感させてくれます。

ギャラクシー・マカオ Galaxy Macau
住所:Galaxy Macau™,COTAI, Macau
スケジュール: ギャラクシー・マカオの営業時間(日~木10:00~24:00/金、土曜、祝10:00~26:00)の20分毎の上演
電話番号:+853 2888 0888
公式URL: http://www.galaxymacau.com/

 

らしく素朴なエンターティナーも忘れてはなりません。

マカオ・パンダ館の新アイドル、双子の兄弟パンダ

(左)お母さんパンダの心心 (右)健健、康康兄弟

カオのパンダもまたシンボルのひとつです。しかも石排灣郊野公園内のマカオ・パンダ館は入場予約制、料金も10パタカと安く、その上ガーデンスタイルの展示場で1時間の入場入れ替え制でパンダを見学できるとあって好評です。2016年6月26日、開開心心夫婦に待望の赤ちゃんが誕生。双子の兄弟には公募により、健健康康と名づけられ、その名の通りすくすく健やかに成長しています。

石排灣郊野公園 澳門大熊猫館
住所:Macao Giant Panda Pavilion, Seac Pai Van Park
電話番号:+853 2833 7676 
時間:10:00~13:00/14:00~17:00(1時間ごとの入れ替え 最終入館16:45)
休館日:月曜日、祝日の場合は翌日休館 
入館料:10パタカ、12歳以下および65歳以上は無料
公式URL:https://www.macaupanda.org.mo/



園内にはレッサーパンダやキンシコウ、フラミンゴなども飼育されていて言わばマカオのオアシス。パンダたちに癒されつつ、なごみのひと時を過ごしてみましょう。

カオのエンターテイメントはまだまだ尽きることはありません。溢れる魅力をぜひ発見しにに出かけましょう。

回、2019年2月5日(火曜日)はアートとグルメの殿堂、MGMマカオMGMコタイをご紹介します。

※2019年1月22日現在 1パタカ=13.53円

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックしてマカオ政府観光局とキャセイパシフィックで

協賛(順不同・敬称略):マカオ政府観光局キャセイパシフィック
資料提供:マカオ政府観光局
写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

【バックナンバー】









Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。




Voyager編集部

2,938,301 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image