• HOME
  • 記事
  • Hotel’s News , ピックアップ
  • 上田祥子さん「ホテルスパライフはザ・スパ・クラブをきっかけに」 水月スパ&フィットネス  by コンラッド東京【Hotel’s News ピックアップ】

上田祥子さん「ホテルスパライフはザ・スパ・クラブをきっかけに」 水月スパ&フィットネス  by コンラッド東京【Hotel’s News ピックアップ】

Hotel’s News

【Hotels News ピックアップ】
ホテルの最新ニュースをさらに厳選・拡大してお届け


テル・スパをもっと身近にしてくれる『ザ・スパ・クラブ』はコンラッド東京水月スパ&フィットネスが2018年8月より開始したは画期的なスパトリートメント・メンバーシッププログラムです。毎月1回60分のカスタムフェイシャル、またはボディマッサージに加え当日のみジム&プールの利用他の特典がついた日本においてはまだ珍しい会員システム。そこで長年世界のスパ取材に取り組んでいる美容研究家の上田祥子さんにご体験頂きました。


 icon-tag 上田祥子さん 美容研究家/美容コメンテーター
1972年福岡生まれ。1991年クラリオンガールに選ばれモデル、レポーターなどを経て1996年より美容ライターとして活動。日本の美容情報のみならず韓国、タイなどアジア諸国の美容を取材し発信している。2000年から3年間、アメリカ(NY、LA)に滞在し、広告デザイン(F.I.T、ニューヨーク)などを学ぶ。現在はテレビ、ラジオ、女性誌、WEB、イベント等を中心に 美容と健康を軸としたコメンテーターとして幅広く活躍中。陰陽五行論を研究した経験から、東洋ならではの美容健康法も提案している。2015年、國学院大学 神道文化学部へ入学。2年間在籍の後2017年春に卒業し神職資格を取得。著書には「韓流美肌力」(オレンジページ)をはじめバンコクのスパを独自の視点でセレクトした「タイ・バンコク ビューティガイド」(キッズネット)などがある。 icon-home HP icon-instagram  uedasachikoinsta

美容と旅のプロも納得 ザ・スパ・クラブの魅力

・スパ・クラブの特徴のひとつはスパエリアばかりでなく、館内のレストランでの飲食にも20%の割引きが適用されるところ。そこでまずは上田さんに28階のオールデイダイニング『セリーズ』の人気ランチ・ビュッフェ『シェフズ・フェイバリッツ ラグジュアリー・ウィンターリゾート」(11月1日(木)から12月28日(金)開催) を味わっていただきます。

『シェフズ・フェイバリッツ』は、2か月毎にシーズンに応じた見目麗しくおいしいメニューを提供するスタイル、同店のアフタヌーンティー・ビュッフェと並んで好評です。

「入会金、保証金、会員資格などもないので、どなたでも手が届きやすい、すぐれたメンバーシップですね。スパトリートメントを月1回受けるだけでもお得な金額ですが、打ち合わせや会食にホテルレストランをよく利用する私にとって飲食店の割引きは嬉しい特典です」

年間の会員料金ならば1か月分20,000円(税別)。50分のボディマッサージメニュー、パーソナライズドボディやカスタムフェイシャルが各19,000円(税別)であるのを比較すれば一目瞭然です。

ザ・スパ・クラブ by コンラッド東京 水月スパ&フィットネス
会員料金:12ヶ月会員 240,000円(税別)、6ヶ月会員 138,000円(税別)
メンバーシップ特典:カスタムフェイシャルまたはボディトリートメント60分無料(毎月1回)/追加トリートメントをご希望の場合は、正規料金より30%割引(他優待との併用不可)/水月スパでの商品購入10%割引(他優待との併用不可 / 28階 テナントショップでの割引はございません)/トリートメントご予約時にフィットネスエリア(ジム、プール)およびスパエリア(ロッカールーム、サウナ、ジェットバス)の利用無料/貸し出し用のトレーニングウェア、シューズ、水着、タオル、バスローブ無料/トリートメント予約日にスタジオレッスン無料 ※パーソナルレッスン等をご利用の場合は、別途定められた料金/コンラッド東京28階全てのレストランにて飲食代より20%割引(最大6名まで / 他優待との併用不可)/利用日当日は、トリートメント時間+3時間まで駐車場無料
営業時間(土日祝を含む毎日):スパ 09:00~22:00(最終受付 20:30)フィットネス<ジム、プール、サウナなど>09:00~22:00(最終受付 21:30)
問い合わせ電話番号:03 6388 8620(スパ直通)
詳細ページ:https://www.conradtokyo.co.jp/plans/spa/4973/
水月スパ&フィットネスHP:https://www.conradtokyo.co.jp/spa/spa/

 ライベートとビジネスの両面でラグジュアリー・ホテルを使いこなせるとあって上田さんもお気に入りの様子。この『セリーズ』に加え、モダンフレンチレストラン『コラージュ』、中国料理『チャイナブルー』、日本料理『風花』、バー&ラウンジ『トゥエンティエイト』と合計5つのバラエティ豊かなレストランが28階に並びます。好みや目的、時間に合わせてコンラッド東京が織り成す美味を堪能できるのです。

近くに引っ越してきたくなる水月スパの魅力とは

29階に位置する水月スパ&フィットネスはプール、ジム、2種のサウナとジェットバスを完備したヒート&ウォーターエクスペリエンスを完備。私たちの心身は潮の満ち引き、月の満ち欠けに変化しとてもデリケートなもの。そのバランスを整え、美と健康に導くのを目的としたこのスパでは水と月を象徴とし四季を意識。さらに日本の伝統美をとり入れたインテリアやトリートメントメニュー、プロダクトを提案しています。

頃から健康を意識しご自宅近くのジムに通い運動を生活に取り入れることも欠かせません。滞在先のホテルのフィットネスエリアの利用も積極的に視察し汗を流しているのだとか。は一家言ある上田さんにとって、スパに求めるものとはなんでしょうか?

「結果的に求めているのは技術力とホスピタリティです。その上で選ぶ施設は幅広くありたいと考えているので、街のマッサージ店を選ぶこともあれば高級スパをめぐることもあります。コンラッド東京のようなラグジュアリーホテルならば、入った瞬間から日常を忘れる雰囲気やいかにラグジュアリーであるかを重要視します。そうした意味では水月スパのトリートメントルームのまるで香港のようなビルの展望が素晴らしいですね。視界に入った途端、違う世界の扉を開けたような爽快な気分になります」

う都会ならではの展望も人気のひとつです。周囲を囲む白や水色のビル群は、まるでレフ板のように眩く照らし心を明るくします。トリートメントルームは檜風呂付のミズキルームをはじめ、ネイルルームを含む全10室(窓のある部屋は3室)。内、スパスイートルームは4室あり、1人または2名同時にケアがおこなえます。

・スパ・クラブに入会すると、まずスパのすべてのメニューが30%引きになる上、月に1度、60分のボディトリートメントまたはフェイシャルを無料で受けることができます。他のメニューに振り替えることも可能で差額も30%割引きされます。

望の60分のボディトリートメントを体験。マッサージに使われるオリジナル・アロマオイルは通年使用されるベーシックな『柚子檜』、冬季に導入される『くろもじの夜』など日本の伝統的な樹木、草木のエッセンスをとり入れているています。上田さんが選んだのは『ゆず檜』。ゆず、檜、ニオイコブシをブレンドした香りは心を落ち着かせ、リフレッシュにも最適です。

「今日は初めて水月スパをお訪ねするのでとても楽しみにしてきましたが高い技術力がとても印象的でした。ラピストの方からはボディデザインをしながらマッサージをしている意識が伝わってきます。メソッド通りではない、時間内に”ここまでもっていくぞ”という確固たる意志が感じられます。おかげで身体がとても楽になり僅か1時間の体験で十分すぎる結果を感じています」

水月スパのセラピストそれぞれがゲストの体調を伺い、手で触れ思い遣りある心と手技で取り組んでいます。

本のスパの長所ははきめ細やかなホスピタリティで、そうした面でも大満足です。コンラッド東京の近くに引っ越してきたくなる魅力がスパにも、このザ・スパ・クラブにもあります」

田さんにもお墨付きをいただいた通り、行きつけにしたいホテルとスパであることは申し分なく、そのきっかけとしてザ・スパ・クラブ入会は最適です。ぜひご体験ください。

コンラッド東京
住所:東京都港区東新橋1-9-1

電話番号:03-6388-8000(代表)
アクセス:都営大江戸線、ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩1分JR
都営浅草線、東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩7分
コンラッド東京 公式URL:https://www.conradtokyo.co.jp/


写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

2,726,973 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image