春節を祝うラグジュアリーホテルの年糕 インターコンチネンタル香港&ケリーホテル香港【Hotel’s News ピックアップ】

Hotel’s News

【Hotels News ピックアップ】
ホテルの最新ニュースをさらに厳選・拡大してお届け


2019年の春節は2月5日。中国各地では旧正月を迎える準備で華やいでいます。お正月に食べるもののひとつに年糕(ネンガオ・nián gāo)という中国南部から伝わった伝統的なお餅があります。糕とは通年中華圏で食べられている食品のひとつ。餅粉に水やスープなどを加え、それぞれの家や店ならではの味付けをし具を入れたお餅で、点心でもおなじみの大根餅もそのひとつです。

糕は英語でChinese New Year Puddingsと呼ばれ、旧正月のおもてなしやお年賀に使われ、家族や大切な人との食卓に幸運を運びます。そもそも年糕の「」は「」と同じ発音であることから、おめでたい言葉「年年高」にかけて、新年に食べると開運する吉祥ものとされています。

のため特に新年に登場する年糕は縁起の良い食材を使い、色味も華やか。ラグジュアリーホテルとなるとさらに豪華で、グルメな一品となります。そこで年糕を販売するインターコンチネンタル香港とケリーホテル香港をご紹介します。

インターコンチネンタル香港 『欣圖軒』 賀歳糕點

(前)十勝紅豆沖繩糖年糕 (後)鹿児島厚切大根臘味蘿蔔糕

ンターコンチネンタル香港では1階のロビーラウンジにて2月28日迄提供中のチャイニーズ・ニューイヤー・アフタヌーンティーに加え、広東料理『欣圖軒(ヤントーヒン)』では毎年恒例、十勝紅豆沖繩糖年糕(Tokachi Red Bean Pidding with Okinawa Kokuto Syrop)鹿児島厚切大根臘味蘿蔔糕(Savoury Kagoshima Thick Cut Daikon Pudding)といった二種類の賀歳糕點を発売中です。いずれも海外で高く評価され、人気の日本の食材を使用しています。

インターコンチネンタル香港  賀歳糕點
提供:地下1階 欣圖軒 【Yan Toh Heen】
料金:十勝紅豆沖繩糖年糕 388香港ドル(税込)/鹿児島厚切大根臘味蘿蔔糕 408香港ドル(税込)
予約:可
問い合わせ・予約電話番号:+852 2313 2323
予約フォーム:https://www.hongkong-ic.eshop.intercontinental.com/html/chinese-pudding-2019-checkout-en.php/
提供期間:2019年1月28日~2月3日迄
ダイニングについてのお問い合わせ(日本語対応) http://www.hongkong-intercontinental.jp/dining/dining-inquiry/
公式URL:http://hongkong-ic.jp.intercontinental.com/

【関連記事】


ケリーホテル香港 『紅糖』 賀年糕

(左)紅糖傳統年糕 (中)紅糖至尊瑤柱蘿蔔糕(右)紅糖秘製芋頭糕

クトリアハーバーを見渡すリラックス・ラグジュアリーホテル、ケリーホテル香港。アンドレ・フーによるデザイン&プロデュースのスタイリッシュなイメージにふさわしい年糕、紅糖傳統年糕(Hung Tong Traditional Chinese New Year Pudding )、紅糖至尊瑤柱蘿蔔糕(Hung Tong Deluxe Conpoy Turnip Pudding)、紅糖秘製芋頭糕(Hung Tong Homemade Taro Pudding )の3種が紅糖より発売中です。

ケリーホテル香港 賀年糕
提供:7階 紅糖【Hongtong】
料金:紅糖傳統年糕 288香港ドル/紅糖至尊瑤柱蘿蔔糕 288香港ドル/紅糖秘製芋頭糕 308香港ドル(税込)
予約:可
問い合わせ・予約電話番号:+852 2252 5320
提供期間:2019年1月28日~2月4日迄
公式URL:http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kerry/

テルの個性も映し出す年糕、旧正月に香港へ行く際はぜひお召し上がりください。


Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

2,938,301 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image