【BOOK 旅先で読む本3】堀真潮著 『夢と気づくには遅すぎた。』キノブックス刊

BOOK

本を持って旅にでかけよう。心に沁みる言葉、物語、もしかしたら人生を変えるかもしれない一冊をご紹介。

 「縁」と「情」を描く、怖さと毒

心地を漂い、非日常を流れるショートショートはよく似ている。そして、僅かな時間で完結する物語は、現実逃避という日々の”旅”にも最適だ。

2015年にスタートした第1回ショートショート大賞を受賞した堀真潮による『夢と気づくには遅すぎた。』は5章、18篇からなる一冊。「美」「若さ」「母子」「恋愛」他、女性に纏わるテーマをもとに、数々の「私」が覗き見てしまう奇妙な世界が描かれている。

術館で声をかけてきた女を若さや価値観で判断する不躾な男と「私」の『年齢不詳』。毎日、母親が作る”目玉料理”を食べ続け、予言の力を持つようになった「私」の『目玉』。友だちの誰よりも素敵な夫が持てるように「私」の願いを叶えてくれた『絶対短冊』。結婚生活の最中に手に入れた「私」と繋がる余計な「縁」を切ってくれる『縁切包丁』など、それらは鏡の向こうや水面に映る、日々の暮らしとよく似た形をした“まやかし”のように見える。だが一方で誰もが心の奥に沈めている”毒”を紡いだかのようにリアルに響いてくる。

本書概要

『夢と気づくには遅すぎた。』
【目次】
第一章 より美しく/第二章 解けない呪縛/第三章 怖い職場/第四章 恋愛奇譚/第五章 これからの私
著者:堀真潮
出版社:キノブックス
装画:戸屋ちかこ
装幀:小川恵子(瀬戸内デザイン)
定価:1,300円+税
仕様:208ページ/配本日:2019年2月2日/ISBN:978-4909689269

 

<著者プロフィール>
堀真潮(ほり・ましお) 作家。神奈川県在住。2016年、処女作「瓶の博物館」で第1回ショートショート大賞を受賞。同年12月、ショートショート作品集『抱卵』(キノブックス)でデビュー。WEB連載や企業広告への作品提供など幅広く活躍。

Ⓒ夢と気づくには遅すぎた。 堀真潮/キノブックス
協力:キノブックス


Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

3,029,285 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image