• HOME
  • 記事
  • Asian Journey , 香 港
  • 【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~

【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。第2弾は大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化をお送りします。

香港の珠玉、ザ・ペニンシュラ香港に泊まる意義を実感

・ペニンシュラアカデミーという新鮮で特別な学びを知った上で宿泊するザ・ペニンシュラ香港は一層格別です。1928年12月の開業からまもなく90年、一世紀の金字塔を間近に迫ったこの記念すべきアニヴァーサリー・イヤーに泊まるのもまた喜びに繋がります。
【Asian Journey2-5】ランタンの灯で香港文化を明日へと繋ぐ ザ・ペニンシュラアカデミー by ザ・ペニンシュラ香港

してペニンシュラ・グリーンのロールス・ロイスの送迎に始まり、ザ・ペニンシュラホテルズの旗艦ホテルならではのラグジュアリーで特別な体験は香港に着いた直後からスタートします。


◆リクエストによる搭乗ゲートからの出迎え、空港勤務のグリーティングサービス担当者からドライバーへの連携でスムーズにホテルに向かえるのが嬉しく安心

港から活気溢れる九龍へ。街を駆け抜け迎えてくれるのはザ・ペニンシュラホテルズのアイコン的スタッフ、ページ。眩しい白い制服とその笑顔を見れば初めての方でもつい「ただいま」と応えたくなるはずです。伝統や格式は必ずしも敷居を高く構えるものではありません。宿泊者全員がVIPという意識で迎えてくれるからこそ安心して休日が過ごせます。


◆(左)ページボーイ (右)ザ・ロビーのアフタヌーンティー。宿泊者は予約することができる 写真提供:ザ・ペニンシュラ香港 

・ペニンシュラスイートを含む11種のルームバリエーションに加えビクトリアハーバーを見渡す立地にあることもザ・ペニンシュラ香港を憧れの象徴へと押し上げる理由のひとつです。らに白い壁には香港を拠点とするアーティスト、コーネリア・エルドマンによる吉祥モチーフである桃の花、枝葉を曲線で表現した装飾が施されており香港ならではの美が漂います。

リジナルのバスローブやワッフル生地の部屋着、そして大理石のバスルームには『オスカー・デ・ラ・レンタ』のバスアメニティー。こうした独自の感触や香り、使い心地のトータルコーディネートこそ、老舗ホテルならではの上質さと優雅さを物語ります。内はゲストの快適さに特化し、ホテル業界の中で唯一自社技術開発部門を設置し客室内のテクノロジーを開発、改善しています。全室のベッドサイドやテーブルに設置されているインタラクティブデジタルタブレットは5か国語に対応しており、日本語設定が可能。全館の施設詳細をはじめ温度やカーテンの開け閉め、点灯消灯などが指一本で操作できます。

グランドデラックスハーバービュールーム室内

しい景色もまたザ・ペニンシュラ香港のおもてなしのひとつです。グランドデラックスハーバービュールームからのお楽しみはビクトリアハーバーの名物シンフォニー・オブ・ライツ。この美しい夜景を涼しい部屋で一望できるのも至福です。

の外に広がる非日常、香港ならではの風景を心ゆくまでご堪能ください。

■ザ・ペニンシュラ香港施設情報
客室価格:デラックスルーム 8,400香港ドル(+サービス料10%)~ / スーペリアスイート 12,800香港ドル(+サービス料10%)~
ホテル-香港国際空港のロールス・ロイスでの送迎料金:片道1,600香港ドル(+サービス料10%) 、往復2,900香港ドル(+サービス料10%)
予約・問い合わせ:ペニンシュラホテルズ・リザベーションセンター
フリーダイヤル:0120 348 288 (日本語対応)

中国料理レストラン『スプリングムーン』で美味を堪能


◆ケニス・コーによるザ・アスターハウスの画 写真提供・ザ・ペニンシュラ香港

化を感じる空間、味わいならば伝統的な広東料理を提供する『スプリングムーン(嘉麟楼)』をザ・ペニンシュラアカデミーのランタン作りの際のランチにおススメしたいところ。1998年、香港人デザイナー、ケニス・コーによって開業当時の姿にリニューアルされたモダンで落ち着いた設えは1920年代の上海のダイニングルームを彷彿とさせます。には親会社である香港上海ホテルズ社が1920年から1940年代にかけて上海に所有していた4つの最高峰のホテルの中からケニス・コーが描いたザ・アスターハウスが。随所に散りばめられた磁器コレクションもまた素晴らしく茶器や壺他、明・清王朝時代のレプリカ、18世紀のフランス王室やポルトガル紋章の入った福眼の品々が並びます。

のレストランで料理長として腕を振るうのは香港とヨーロッパで30年以上の経験を持つゴードン・リャンシェフ。2016年6月、スプリングムーンのエグゼクティブシェフに着任したその翌年には『スプリングムーン』をミシュラン1つ星に導いた立役者です。のリャンシェフの広東料理に合わせてティーマスターがお茶をコーディネートした『点心ランチ ~中国茶ペアリング付き~』はザ・ペニンシュラ香港で過ごす時間をより輝かせてくれる味わいと体験です。

この日、お茶を煎れてくれたのは20年に渡って『スプリングムーン』に勤務するダニエル・ヤンさん。2012年に浙江省・杭州市にある中国茶の研究機関にてティーマスターの称号を取得しています。ここには3人のティーマスターが勤務しており、料理に合わせてお茶や茶器をセレクトしゲストを魅了します。中国の伝統のひとつ、お茶に纏わる話は旅物語にも似てワクワクさせてくれます。

■点心ランチ ~中国茶ペアリング付き~
提供:1階 スプリングムーン(嘉麟楼)
価格:1,668香港ドル(+サービス税10%)
メニュー:ウエルカムティー(台湾産凍頂烏龍)/スプリングムーンオリジナル点心の盛り合わせ(赤海老と豚ひき肉の小籠包)、グアバ、海老、帆立入り餃子/蓮根、中国産セロリ、人参入り野菜餃子、ワイルドマッシュルームとトリュフソース入り黒豚の叉焼饅/クコの実と桃の木のゼリー入り松茸のスープ/子豚のロースト クリスプブレッドとマンゴーを添えて、福県極貧銀針白毫と共に/海老とアスパラガス、ワイルドマッシュルームのXO醤&チリソースの炒め/蟹の爪とニンニクの蒸しご飯、十年熟成の青プーアル茶と共に/北海道ミルクとライチのプリン ライスクラッカーを添えて
※お料理は季節や仕入れによって異なります
営業時間:月曜日~土曜日 11:30~14:30/日曜日・祝日 11:00~14:30
予約・問い合わせ:ペニンシュラホテルズ・リザベーションセンター
フリーダイヤル:0120 348 288 (日本語対応)

海老のうま味を凝縮して小籠包に閉じ込めた、点心師による4種の点心に始まり、滋味深いクコの実と桃の木のゼリー入り松茸のスープ』には桃の樹液からできたゼリーが加えられ医食同源が感じられます。た子豚のローストはカリカリに揚げ焼きした豚の皮の間にマンゴーがサンドイッチされていて、香ばしさと甘さが絶妙です。こ『スプリングムーン』の前身である中国料理レストラン発祥と言われ、その伝統を引き継いでいるXO醤の料理を欠かすわけにはいきません。その願いも『海老、アスパラガス、ワイルドマッシュルームのXO醤炒め』が叶えてくれます。

ホテルに居ながらにして文化と時代を旅することができる。それがザ・ペニンシュラ香港であり、宿泊する意義です。「東洋の貴婦人」と称賛されたホテルの中には神話がまだまだ隠されています。今度はご自身が足を運び確かめてみてください。

■ザ・ペニンシュラ香港
【The Peninsula Hong Kong】
住所:九龍梳士巴利道
Salisbury Road, Kowloon, Hong Kong, SAR

電話番号:+852 2920 2888(英語対応)
公式URL:https://tokyo.peninsula.com/ja/hong-kong/5-star-luxury-hotel-kowloon
問い合わせ:ペニンシュラホテルズ・リザベーションセンター
フリーダイヤル:0120 348 288 (日本語対応)

【バックナンバー】
【Asian Journey2-1】Introduction 大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化
【Asian Journey2-2】深水埗から放たれる伝統への挑戦1 『公和荳品廠』 蘇意霞さん
【Asian Journey2-3】深水埗から放たれる伝統への挑戦2 『寶華扎作』 歐陽秉志さん
【Asian Journey2-4】祖父から受け継いだ幸せを招く美しい花文字 赤柱(スタンレー) 花文字師、ジョナサンさん
【Asian Journey2-5】ランタンの灯で香港文化を明日へと繋ぐ ザ・ペニンシュラアカデミー by ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-7】招福と美食の殿堂 カオルーン シャングリ・ラ 香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-8】カオルーン シャングリ・ラ 香港  文化遺産ウォーキングツアーでたどる香港の軌跡と麗しの鳥かごアフタヌーンティーセット ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-10】 九龍エリアでリゾート 新たなる香港ホテルスタイルを提案 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-11】香港の美食を堪能 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-12】 ラブリー&ラグジュアリーで大人を魅了するブティックホテル ザ・ポッティンジャー香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ1-ART 香港島・セントラルに登場 香取慎吾さん作ストリート・アート『大きなお口の龍の子(大口龍仔)』
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ2-FOOD 食之劇場エグゼクティブシェフ 長屋英章さん
【Asian Journey2-15】香港と日本を繋ぐ翼 プレミアムエアライン、キャセイパシフィック航空1

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックして香港政府観光局とキャセイパシフィックで
 

協賛(順不同・敬称略):香港政府観光局キャセイパシフィック
協力(敬称略):ザ・ペニンシュラ香港


写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

1,373,190 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image