【Asian Journey1-4】Voyagerホテルセレクション 我が家のようなリゾートホテル、ボホール ビーチ クラブ

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。2018年4~5月はフィリピンの美しい楽園、ボホール島にご案内します。

景観も施設も充実、ボホール ビーチ クラブ

ホール島を旅するならば、ぜひとも宿泊地に選びたいのがパングラオ島の東海岸エリアです。ボホール州の島々は遠浅で穏やかなのが長所ですが、さらにこの一帯は白い砂、青い海が広がる美しい景観。海岸線には高級ホテルが軒を連ね、いずれもプライベートビーチやインフィニティプールを所有していて、リゾートをより特別なものにしてくれます。また東に面しているので海面に昇る朝日も見ることができます。

そこでまずおススメしたいのがボホール ビーチ クラブです。

ボホール ビーチ クラブ
【Bohol Beach Club】
~ルームチャージ~
■デラックスルーム シングル/ツイン Php11,000 トリプルPhp 13,500
■ビーチビュースイートシングル/ツイン Php 20,000 トリプル Php 22,500
住所:Bo. Bolod, Island of Panglao Bohol, Philippines 6340
電話番号:+63 38 502 9222 /+63 38 411 5222
問い合わせメールアドレス(日本語対応):japanese_services@boholbeachclub.com.ph
HP:https://www.boholbeachclub.com.ph/

の前は勿論、海という心躍るロケーション。2014年にリニューアルオープンし4棟80室のデラックスルームに加えて4棟8室ヴィラタイプのビーチビュースイートを持つ上、全室オーシャンビューと贅沢さ。敷地内にはプールや3つのレストラン、ダイビングショップ、トレーナーと看護士が常勤するフィットネスクラブ、ゲームルームと施設も充実しています。

アットホームなおもてなしで日本人ゲストを歓迎

ーナーを始めみなさん親日家のボホール ビーチ クラブ。総支配人のアラン・サントスさんも私たちにぜひボホールを訪ね宿泊して欲しいと特別に日本人ゲスト向けの「おもてなし」を用意して待ってくれています。日本人スタッフも在籍し予約時から滞在中と心強いサポートをしてくれるのです。


◇総支配人のアラン・サントスさん

日本人ゲストのための特別なサービス
◆女性ゲストへのプレゼント
ボディーソープ/フェイスソープ/ハンドソープ/ローション/ウェットティッシュ/無料wifiアクセス/無料のミネラルウォーター(毎日)
◆お子様へのプレゼント
フリスビー/防水ポーチ/フラッシュライト/ネックピロー/ビーチボール/20分間のグラスボートツアー/ゲームルーム利用

設や滞在環境の充実に加え、一番の自慢は「人」。スタッフの95%は地元出身者です。ボホールの人たちは心のつながりをなにより大切にし心からのおもてなしをしたいというサービス精神に溢れ、ホスピタリティが高いのが特徴。そもそもボホールの人々は血盟記念碑(【Asian Journey1-1】Introduction 今行くべきフィリピン、ボホール島参照)に刻まれた歴史のように、フィリピンで初めてスペイン人を受け入れた寛容な気質を持ち、太陽のような明るさと素直さを持ち合わせているとアランさんはいいます。

その顕れがレストラン『Agotata』。スタッフの古い友人のような気さくな笑顔と親身なサービスは各国のゲストに高く評価されています。勿論、おいしいフィリピン料理も楽しみのひとつです。

フィリピンのシークワーサー、カラマンシージュースと共にいただきます。アルコールも各種揃っている上、お値段もリーズナブル。他に昨年新設されたイタリアンレストラン『Budyong』ではピッツァ窯もしつらえた本格派。滞在中、3食いただいても飽きることないほどメニューも豊富です。

Agotata  おススメのフィリピン料理
・ココナッツ風味の鮮魚のサラダ
ビネガー風味のチリの辛みが食欲をそそるお刺身サラダ
・キングフィッシュと野菜のスープ
キングフィッシュとトマトや玉ねぎ他の旨味が利いた生姜風味のスープ
・アソーテッド バーベキュー バスケット
豚肉・鶏肉のグリル、フィリピン風チョリソの盛り合わせ。甘みのあるバーベキューソースはフィリピンらしい味わい
・小魚のチャーハン
パリパリに揚げた小魚が香ばしい
・ウベアイスクリーム添え ウベチーズケーキ
・マンゴーチーズケーキ
ボホール名物のウベと呼ばれる紫芋とマンゴーのデザート

楽しみは浜辺のマッサージコーナー。ビーチや客室でスェディッシュ、スェディッシュマッサージ(オイルを使ったスェーデン式マッサージ)、ドライ マッサージ(服を着たまま受けられる指圧)、フットマッサージ、プレグナントマッサージ(妊婦さん向けマッサージ)を各60分600ペソで受けることができます。

ィリピン航空PR0423便を利用しタグビララン空港についたら午前中にはアーリーチェックインがおススメ。ぜひ波音を聴きながら疲れを癒してください。また椰子の木に張られたハンモックでお昼寝もいいでしょう。

目の前の遠浅の海はシュノーケルもできてしまう透明度。魚やウミガメ、時にはジンベイザメもやってくるまさに楽園のビーチです。併設されているダイビングショップ『クラブアクアスポーツ』ではダイビング他、様々なマリンアクティビティが申し込めます。

ランさんはここを”もうひとつの我が家だと思っていただきたい”、そう笑顔で話してくれました。そしてまた彼らはすべてのゲストを家族のように迎えてくれるので、なおさらボホール島で自分に休日を与える意味、旅の豊かさを実感できるはずです。


【バックナンバー】
【Asian Journey1-1】Introduction 今行くべきフィリピン、ボホール島
Asian Journey1-2】初めてみるターシャ、チョコレートヒルズが感動を運ぶ、ボホール島の魅力
【Asian Journey1-3】エコツーリズムを気軽に体験 ボホール島のリバー アクティビティ

■情報はアイコンをクリックしてボホール州観光局(英語)、フィリピン航空で
  

協力(順不同・敬称略):フィリピン政府観光省ボホール州観光局フィリピン航空ボホール ビーチ クラブ


写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

Voyager編集部

428,870 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image