【Asian Journey1-7】Voyagerホテルセレクション 隠れ家でリゾートを満喫 エスカヤ ビーチ リゾート&スパ1

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。Asian Journey第一弾はフィリピンの美しい楽園、ボホール島にご案内します。

まるで隠れ家 プール付きヴィラで過ごす休日

ホール州屈指の美しいビーチを持つパングラオ島東海岸。その一角に白い砂のプライベートビーチとコゴン草で葺かれた屋根のヴィラ持つエスカヤ ビーチ リゾート&スパがあります。

16ヘクタールの敷地にわずか24棟のヴィラ、すべてプール付きで隠れ家のようで休暇を静かに過ごしたい大人にぴったりの環境です。

■エスカヤ ビーチ リゾート&スパ
【Eskaya Beach Resort and Spa】
住所:Barangay Tawala, Panglao Island, Bohol , 6340
電話番号:+63 38 502 9516、+63 38 502 4079
ルームチャージ(朝食付き):デラックスヴィラ/ローシーズン 525ドル ハイシーズン 725ドル(共に税別)
公式URL:https://www.eskayaresort.com/
お問い合わせ/予約:サンヨーインターナショナル 03-3461-8585(日本)

竹や樹木で建てたヴィラはナチュラルで温かみがあり、東海岸側からドルフィンウォチングやシュノーケリングに出る際、舟から陸を見ると独特な風情を見渡すことができます。

業は2008年、エスカヤとは特殊な文字を持つボホール島の先住民族のことでホテルオーナーと族長が親友ということもあり名付けられました。エスカヤ族の文字はロゴに始まりプロパティのあちらこちらで見かけることができます。

ヴィラの数も少しずつ増え、この2月には新たにベッドルーム2部屋のファミリーヴィラ・ビーチフロント、ベッドルーム4部屋のファミリーヴィラ・ガーデンビュー、さらにグランドヴィラもオープンし評判と共に規模も広がっています。他にプレジデンシャルヴィラ、インフィニティヴィラ、デラックスヴィラといったタイプがあり、どの空間も趣きがあります。

ェックイン後、バギーで椰子の木陰を抜け、モスキートネットの下りたベッドを設えたヴィラへ。風にざわめく木々、鳥やゲッコーと呼ばれるトッケイヤモリの声が時折耳に届く以外はとても静か。真夜中にフィリピン航空PR0423便で羽田を発ったはずなのに、あっという間に楽園に辿り着いた魔法を実感するはずです。

エスカヤ ビーチ リゾート&スパのポリシーはゲストの個性に合わせるということ。静かに落ち着いて過ごしたいのならばプライバシーを尊重し、賑やかな休日を求めているならば友達のように接した楽しく話すなど、求められればいかようにも応える精神を持っています。

ャックインしたら早速、自室のプールに飛び込むもよしスパでフライトの疲れを癒すもよし。せっかくのリゾート旅をより楽しむコツは一気に日常から自分を切り離すこと。せめて旅先ではスケジュールやメールに追われない、それが贅沢なのです。そうそうヴィラの奥庭にバスルームと洗面所が設えてあるので日のあるうちからゆったりお風呂に使ってワインやシャンパーニュを飲むのも素敵ですね。心の底から「幸せ」という言葉と感情が生まれてくるはずです。

オープンテラスのレストランでフィリピン料理に舌鼓

腹が空いたらオールディダイニングLantawan Restaurantへ。お食事ができるのはここだけですがフィリピン料理から、アジアン、ベジタリアン、ウエスタン料理と幅広く提供しています。インフィニティプールの横にあるオープンスタイルの店内は緑に囲まれているだけでなく、ビーチも見下ろせる場所にあり実に爽快です。

レストランで頂きたいメニューをピックアップしました。カリカリに豚肉を揚げたクリスピー パタ。角煮のように柔らかく豚肉を煮たアボド。豚のお肉や耳、ホルモンなどを細かく刻み炒めたシシグはおつまみにもご飯にもよく合います。

■Lantawan Restaurantのおススメメニュー
・ビール風味の衣をつけたエビの天ぷら 495ペソ
・クリスピー パタ 1300ペソ
・U.S アンガスビーフ テンダーロインステーキ 1000ペソ
・フィリピン風豚肉の煮込み(アボド) 350ペソ
・フィリピン風マグロの照り焼き 550ペソ
・シシグ 350ペソ
・フレッシュフルーツの盛り合わせ 400ペソ~
( + 12% tax +10% service charge)

フィリピン料理はとくにおススメ。ポーションも大きめなので様々頼んでシェアして食べるのにも十分。Lantawan Restaurantは朝食からディナー、お茶やバータイムと一日中活用できます。スタッフも当然ボホール・スピリッツ。こまめでフレンドリー、すぐに友だちになれます。

たプライベートビーチがある醍醐味はやっぱり海辺での飲食。浜まで運んでくれるので一日中、海で過ごしてみてはいかがですか?


時間帯によってはビーチを独り占めできることもありリゾートの醍醐味をますます感じることができるでしょう。そしてここは東海岸。美しい朝日の時間も忘れないでください。

次回はエスカヤ ビーチ リゾート&スパをより満喫しもっと好きになるイン ヴィラ ブレックファストとお待ちかねスパをご紹介します。

■エスカヤ ビーチ リゾート&スパ
住所:Barangay Tawala, Panglao Island, Bohol , 6340
電話番号:+63 38 502 9516、+63 38 502 4079

※価格は2018年1月の取材時のものです。
レート:2018年5月現在 1ペソ=2.12

【バックナンバー】
【Asian Journey1-1】Introduction 今行くべきフィリピン、ボホール島
Asian Journey1-2】初めてみるターシャ、チョコレートヒルズが感動を運ぶ、ボホール島の魅力
【Asian Journey1-3】エコツーリズムを気軽に体験 ボホール島のリバー アクティビティ
【Asian Journey1-4】Voyagerホテルセレクション 我が家のようなリゾートホテル、ボホール ビーチ クラブ
【Asian Journey1-5】ダルリッチ チョコレート ハウスのオーガニックチョコレート <ボホール島の最新土産>
【Asian Journey1-6】トゥビゴンのランチョンマット&アンティケーラのバスケット <ボホール島の最新土産>
【Asian Journey1-7】Voyagerホテルセレクション 隠れ家でリゾートを満喫 エスカヤ ビーチ リゾート&スパ1
【Asian Journey1-8】Voyagerホテルセレクション スパで癒しの休日 エスカヤ ビーチ リゾート&スパ2
【Asian Journey1-9】夢に見たアイランドリゾートを実現 奇蹟と感動の楽園、ボホール島のマリンアクティビティ
【Asian Journey1-10】 午前中からバカンスを開始! フィリピン航空で行く 楽園、ボホール島

■情報はアイコンをクリックしてボホール州観光局(英語)、フィリピン航空で
  

協力(順不同・敬称略):フィリピン政府観光省ボホール州観光局フィリピン航空エスカヤ ビーチ リゾート&スパサンヨーインターナショナル


写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

Voyager編集部

1,599,333 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image