【Asian Journey2-7】招福と美食の殿堂 カオルーン シャングリ・ラ 香港 ~Voyagerホテルセレクション~

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。第2弾は大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化をお送りします。

龍が吉祥を招く カオルーン シャングリ・ラ 香港

龍半島南端、尖沙咀東(チムサーチョイ イースト)に位置するカオルーン シャングリ・ラ 香港。目の前はビクトリアハーバー、周辺は超高層ビル、ショッピングエリア、もちろん観光地が立ち並ぶ地域にあります。ここは博物館や歴史的な建造物などの史跡に囲まれ所々に古き良き街並みが残っていることに加えてカルチャー・アクティビティや美食の発信場としてもおススメのホテルです。

便利でエレガントなホテルとして知られる一方でハートフルなおもてなしでも有名です。人事の入れ替わりが激しい香港ホテル業界において1981年の開業以来、勤続25年を超える66人のスタッフが勤務する良好な職場であること。そうした明るく活気ある職場でお客様に尽し、もてなすことを誇りに思っている従業員に恵まれていることがカオルーン シャングリ・ラ 香港の一番の自慢です。日本人スタッフも現在3名在席、加えて日本語による案内書、メニューなども用意されているので、たとえ初めての香港であっても安心して滞在できます。


◆現在最年長、勤続37年、ロビーアンバサダーのエドワード・ワさん。常連客の顔と名前は全て記憶し、日々出迎えるプロフェッショナル

洋と西洋の美が集結しているロビーもまた特徴的です。イギリス人アーティスト、マルコム・ゴールディングによって北京で創作されたシャングリ・ラ バレーの絵の中には九匹の龍が隠されていているといわれ、ひと目見れば忘れられなくなる趣の空間です。


◆黄金木と呼ばれる樹木、マホガニーの大木で作られたマルコム・ゴールディング作の壁画『Shang Valley Mural』 写真提供:カオルーン シャングリ・ラ香港

カオルーン シャングリ・ラ 香港のポテンシャルを上げている最たる要因が龍の通り道である龍脈に位置していること。もそもャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは風水を重用するホテルグループとしても広く知られ気の流れや開運を意識する旅人に好まれるホテルです。


◆香港の風水文化が凝らされたロビー 写真提供:カオルーン シャングリ・ラ 香港

くにここは風水のメッカ、香港。気の流れをよくするために格別の配慮は当然のことで随所に富と福をもたらし龍を呼び込むための工夫が凝らされています。とえばロビーは龍が入って来やすいように前後をガラス張りに、加えて甕の部分にカラフルなモザイクを施した大理石の噴水を設え、九山から水を飲みにやってくる龍のための水飲み場を作っています。らに幸運と繁栄を象徴する花をふんだんに飾り、邪悪な力を相殺するための大きな柱「将軍の門」で囲むことでゲストを守りつつホテル内の調和を保っています。おかげで宿泊するだけで「運気が上がりそう」な気分にさせてくれる清々しさです。

眺めの良さは「香港極上ホテル」の条件

688室ある客室の中で人気はやっぱりビクトリアハーバーに面したハーバービュールーム。香港らしい風景を床から天井まであるピクチャー・ウィンドゥから見渡すことができ、部屋で過ごす価値をより一層高めてくれます。

カオルーン シャングリ・ラ 香港の施設情報
客室価格:デラックス ハーバー ビュー 2,600香港ドル~
予約・問い合わせ:+852 2721 2111(英語対応)
公式URL:http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kowloonshangrila/


◆窓越しの風景を楽しむならば24時間オーダー可能なプライベートダイニングをリクエスト。リラックスした朝食から休日を始めたい
実した客室の設えに加え、Tギャラリア by DFSやハーバーシティといった提携ショッピングモールでカードキーを提示するだけで割引きを受けられる他、持ち出し可能なスマホは市内通話や国際電話、インターネットが使い放題というサービスが標準装備で使い勝手が良くまさに至れり尽くせりです。

【デラックス ハーバー ビュー室内】

モダン中華の境地 シャンパレス

オルーン シャングリ・ラ香港といえば『シャンパレス(香宮)』を忘れる訳にはいきません。この道32年のチャン・ロングエグゼクティブシェフによる独創的でモダン、ヘルシーな広東料理はミシュラン2つ星を獲得。2009年から本年2018年まで連続してミシュランの常連に君臨し、名実ともにホテルを美食の殿堂に押し上げています。

ャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのテーマカラー、マンダリンオレンジを散りばめた鮮やかな店内では点心、コースにアラカルト、ベジタリアンメニューが頂けます。数種ある広東風バーベキューの中でも焼き上がりを柔らかくジューシーに仕上げるためシェフ自ら20分間ほど豚のテンダーロインを叩き特製BBQソースで照り焼きした『広東風チャーシュー』は感動のやわやかさ。た湯向きしたトマトを器に、青梗菜を葉に見立てたすべて食べられてしまう『トマト入り和牛ビーフの挽肉入りチャーハン』はとってもユニーク。茶餐廳のスタンダードメニュー、チャーハンもシェフのアイディアと腕にかかればいかようにも変化するのだと知ることができます。甘酸っぱいあんをかけるとまるで陶器のように艶やかにお皿の上で輝きます。うしたロングシェフのスペシャリテを散りばめた香港マダムに愛される料理は昼夜問わず味わうことができます。

提供:地下1階 シャンパレス(香宮)
単品メニュー一例:広東風チャーシュー 328香港ドル/ハタのフィレのフライパン焼きと野菜、卵白ソース、金華ハム 388香港ドル/蟹肉と季節の野菜のライススープ煮 238香港ドル/トマト入り和牛ビーフの挽肉入りチャーハン 128香港ドル
※すべて10%サービス料が加算されます
営業時間:ランチ 月曜日~金曜日 12:00~14:30(L.O14:00)
土、日・祝日 10:30分~15:00(L.O14:30)
予約・問い合わせ:+852  2733 8754(英語対応)
予約ページ:https://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kowloonshangrila/dining/restaurants/shang-palace/book-a-table/

シャンパレス店内、料理一例

ャンパレスの4つの個室の中でも一番広い『Fau Bik』の奥には隠し部屋のようなワインセラーが存在します。そこでこのホテルの主の風格を見せる龍と出逢いました。

このホテルの繁栄の神秘は、ここから放たれているのかもしれません。開運と美食を求めてぜひご宿泊ください。

次回はカオルーン シャングリ・ラ香港の宿泊者だけしか体験できない文化遺産ウォーキングツアーと人気の鳥かごのアフタヌーンティーをご紹介します。

■カオルーン シャングリ・ラ 香港 
【Kowloon Shangri-La Hong Kong】
住所:九龍尖沙咀東部麼地道64號
64 Mody Road, Tsim Sha Tsui East, Kowloon, Hong Kong

代表電話番号:+852 2721 2111(英語対応)
公式URL:http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kowloonshangrila/

【バックナンバー】
【Asian Journey2-1】Introduction 大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化
【Asian Journey2-2】深水埗から放たれる伝統への挑戦1 『公和荳品廠』 蘇意霞さん
【Asian Journey2-3】深水埗から放たれる伝統への挑戦2 『寶華扎作』 歐陽秉志さん
【Asian Journey2-4】祖父から受け継いだ幸せを招く美しい花文字 赤柱(スタンレー) 花文字師、ジョナサンさん
【Asian Journey2-5】ランタンの灯で香港文化を明日へと繋ぐ ザ・ペニンシュラアカデミー by ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-7】招福と美食の殿堂 カオルーン シャングリ・ラ 香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-8】カオルーン シャングリ・ラ 香港  文化遺産ウォーキングツアーでたどる香港の軌跡と麗しの鳥かごアフタヌーンティーセット ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-10】 九龍エリアでリゾート 新たなる香港ホテルスタイルを提案 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-11】香港の美食を堪能 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-12】 ラブリー&ラグジュアリーで大人を魅了するブティックホテル ザ・ポッティンジャー香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ1-ART 香港島・セントラルに登場 香取慎吾さん作ストリート・アート『大きなお口の龍の子(大口龍仔)』
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ2-FOOD 食之劇場エグゼクティブシェフ 長屋英章さん
【Asian Journey2-15】香港と日本を繋ぐ翼 プレミアムエアライン、キャセイパシフィック航空1

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックして香港政府観光局とキャセイパシフィックで
 

協賛(順不同・敬称略):香港政府観光局キャセイパシフィック
協力(敬称略):カオルーン シャングリ・ラ香港


写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

1,373,190 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image