• HOME
  • 記事
  • Asian Journey , マレーシア
  • 【Asian Journey4-4】世界遺産めぐりにも最適! 『カサ・デル・リオ・マラッカ』で過ごすシティ・リゾート ~マラッカ1日目(2)~

【Asian Journey4-4】世界遺産めぐりにも最適! 『カサ・デル・リオ・マラッカ』で過ごすシティ・リゾート ~マラッカ1日目(2)~

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ必要なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える土地、ホテル、時に人をご紹介します。第4弾は大人が旅する初めてのマレーシア 5泊6日のマラッカ&クアラルンプールをお送りします。

マラッカ5つ星ホテル・ステイ カサ・デル・リオ・マラッカ

<マラッカ1日目(2)>
16:00  ホテル『カサ・デル・リオ・マラッカ』でひと休み
18:00 ザ・リバー・グリルでディナー

テル『カサ・デル・リオ・マラッカ』で『ニョニャ・ティフィン・セット・ランチ』、『サッカラ・スパ』のマッサージでくつろいだら、ひとやすみ。

2011年に開業した『カサ・デル・リオ・マラッカ』はマラッカ川に面し、且つて貿易の要となった街の中心部に位置します。ホテル名はマラッカ川に因んだ「川の家」という意味。ランカウイ島にある『カサ・デル・マール・ランカウイ(CASA DEL MAR, LANGKAWI/海の家)』は姉妹ホテルです。中海風の建物にプラナカン様式を散りばめた風情はリゾートホテルのよう。客室にはシャレたバルコニーも設けられ、川を渡る風を感じることができます。

バルコニーでいただくルームサービスの朝食。ゆったりした休日が送れる

アラルンプールからホテルを結ぶ手段は主に車や高速バス(片道10リンギット)。所用時間はおおよそ1時間半前後となり、ホテル専用車による有料送迎も可能です。3名で利用すればお手頃な上、安心でスムーズな移動には断然、送迎利用がおススメです。

ホテル専用車送迎料金(1台 大人3名/片道転送料金)
 icon-check-circle-o クアラルンプール国際空港⇔カサ・デル・リオ・マラッカ 380リンギット
 icon-check-circle-o クアラルンプール国際空港KLIA2⇔カサ・デル・リオ・マラッカ 378リンギット
 icon-check-circle-o カサ・デル・リオ・マラッカ⇔クアラルンプール市内 390リンギット
 icon-check-circle-o マラッカ国際空港カサ・デル・リオ・マラッカ 50リンギット
※待機料金:1時間あたり100リンギット/セダン車利用で積み込み荷物に制限があります/距離、時間により追加料金が発生する場合もあります

論、スパに加え、プールやフィットネスジムも完備されているので、観光ばかりか滞在にも便利です。して、やさしさ、愛らしさを織り交ぜたプラナカンスタイルのインテリアも人気のひとつ。理石のバスルームにはバスタブ、洗面スペース、別途シャワールーム、トイレが設けられており快適。バスルームの窓を開けるとバルコニーまでが見渡せる作りに旅情感をかきたてられることでしょう。

ポルトガル他の統治下にあった時代を彷彿とさせるスタイルの客室

66室の客室は最上級のロイヤル・スイートからスタンダードルームのデラックス・ラゴまで8タイプありご家族やご友人との旅に加え、ひとり旅にも最適な施設を取り揃えています。アジアとヨーロッパの融合したミックスカルチャーの妙を体感することのできるホテルです。なんといっても2008年に認定された世界遺産が徒歩圏内。ホテルには無料で利用できるレンタル・サイクルもあるので居心地、使い勝手にすぐれています。

Accommodation (1泊朝食付き2名1室)
デラックス・ラゴ(50㎡):720リンギット/デラックス・リバー(50㎡):790リンギット/スタジオ・キング(60㎡):870リンギット/リバー・スイート 2ベッド・ルーム(109㎡):1,980リンギット/チェン・フォー・スイート 2ベッド・ルーム(131㎡):2,530リンギット/マラッカ・スイート 2ベッド・ルーム(131㎡):2,980リンギット/プレジデント・スイート(192㎡):3,280リンギット/ロイヤル・スイート(192㎡):問い合わせ
※2019年4月の料金です。シーズンによって異なります。詳しくはお問い合わせください

 

朝食からディナーまでニョニャ料理を味わいつくす

『ザ・リバー・グリル』店内。屋外にもテーブル席が設けられている

ストラン『ザ・リバー・グリル』ではローカル色豊かな朝ごはん、ハイティーやディナーのビュッフェなどが用意されています。中でも香辛料貿易の拠点であり多くの民族が交差したマラッカが誇る、ニョニャ料理を食べずしてこの街を語れません。

ディナー・ビュッフェにはローカルフード&ローカルスイーツも並ぶ

BBQを盛り込んだボリュームたっぷりなディナービュッフェが2,400円程度(88リンギット)とリーズナブルなのも魅力。ニョニャ料理を味わいに外出する必要がないと思えるくらいの充実ぶりです。

ザ・リバー・グリル
【THE RIVER GRILL】
場所:グランド・フロア
朝食:06:30~11:00
ディナー:18:00~23:00
メニュー一例:サンデー・ハイティー・ビュッフェ(日曜日限定 12:30~17:00 58リンギット)/リバーサイド・BBQ・ビュッフェ・ディナー(毎日 88リンギット)フライデー・ニョニャ・タイ・ビュッフェ・ディナー(金曜日限定 78リンギット)
※2019年4月現在のメニューです

ラカルトメニューも豊富。近所の住人にも愛される『リバー・カフェ』では、終日カクテルやビール、フレッシュジュースなどと共に気軽に食事ができます。

『ニョニャ・シーフード・ラクサ』(28リンギット)。好みで特製チリペーストやカラマンシーを絞っていただく

コナッツミルクのコク、チリのスパイシーさ、ターメリックの香り漂う『ニョニャ・シーフード・ラクサ』(28リンギット)もそのひとつ。シーフードの旨味がスープと共に麺に絡み食するものを虜にします。また炒め麺『ミー・ババ』(28リンギット)もお忘れなく。

たっぷりのシーフード、ガーリックパウダーの香りがますます食欲をそそる『ミー・ババ』(28リンギット)

夜、演奏がおこなわれるのも特徴のひとつ。おいしいお酒とお料理と一緒に夜が更けていきます。『カサ・デル・リオ・マラッカ』に滞在することで想い出がより強く残ることでしょう。

リバー・カフェ
【RIVER CAFÉ】
提供:グランド・フロア
営業時間:11:00~24:00
ライブ演奏:20:00~24:00(日曜を除く毎日)

回はナイトシーンのご提案。マラッカの歴史と文化を深く知ることのできるショー『アンコール・マラッカ』と美しいライトアップで知られる水上モスク『Melaka Straits Mosque』をご紹介します。

レート:2019年4月現在 1リンギット=27.10 円

カサ・デル・リオ・マラッカ
【Casa del Rio, Melaka】
88, Jalan Kota Laksamana ,Melaka,Malaysia

問い合わせ・予約電話番号(英語対応): +60 6 289 6888
問い合わせメールアドレス(英語対応) : reservation@casadelrio-melaka.com
公式URL:https://casadelrio-melaka.com
問い合わせ・予約電話番号(日本):サンヨーインターナショナル 03-3461-8585

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックして各政府観光局とエアアジアXで

協力:カサ・デル・リオ・マラッカ
協賛(順不同・敬称略):マレーシア政府観光局セランゴール州政府観光局エアアジアX
写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

<バックナンバー>




Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



 

Voyager編集部

3,293,336 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image