【Asian Journey4-2】マレーシアを存分に楽しめるエアアジアX D7 523便で目指すクアラルンプール

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ必要なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える土地、ホテル、時に人をご紹介します。第4弾は大人が旅する初めてのマレーシア 5泊6日のマラッカ&クアラルンプールをお送りします。

エアアジアXで充実のマレーシア旅

人が旅する初めてのマレーシア 5泊6日のマラッカ&クアラルンプール』では古都マラッカと首都クアラルンプールをめぐる有意義な旅をご提案します。まず目指すはマラッカ。クアラルンプールから車で約1時間半から2時間に位置し、宿泊先の『カサ・デル・リオ・マラッカ(CASA DEL RIO, MELAKA)』までは約138㎞になります。

クアラルンプール国際空港、AirAsiaプレミアムレッドラウンジより見える機体

こで重要になるのがフライト。到着発着、さらに往復時間は大人の旅に大きく影響します。そういう意味では離発着空港も重要視したいところ。空港からマラッカへの移動を加味しておススメしたいのはエアアジアX羽田空港発23:45D7 523が重宝します。首都圏にお勤め、お住まいの方ならば就業時間後に旅立て、渡航時間はおおよそ7時間半。明朝06:35に到着するので午前中のうちにホテルに着けるので有意義に1日目が使えます。羽田に加え、大阪、札幌、福岡からも就航し、ますますマレーシアが近くなりました。

エアアジアX
羽田空港国際線旅客ターミナル
クアラルンプール便:東京(羽田)・大阪(関西)・札幌(新千歳)2019年4月現在毎日運航 / 2019年3月1日より福岡からも週4便で運航
お問い合わせフォーム(日本語対応):https://support.airasia.com/s/customcontactsupport?language=ja/
公式URL:https://www.airasia.com

夜中発の渡航で心配なのはやっぱり体力。エコノミークラスでは寝付けないという方も少なくありません。とは言っても予算も重要。一般的なフル・キャリアでビジネスクラスを利用した場合、往復約14万円。しかしエアアジアXのビジネスクラス、プレミアムフラットベッド利用ならば片道税込運賃45,000円前後(シーズン、セール中などにより料金は変わります)で予約が可能です。往復ごとのシートクラスも選べるのもLCCならではの特徴で使い勝手よく利用できます。

乗り心地も、使い勝手も抜群に優れたプレミアムフラットベッド

伸び伸び足が伸ばせ、読書灯、ユニバーサル電源なども完備され充実したフライト時間が過ごせる

の名の通り上質なフラットベッドを提供するシート。足を延ばしてゆったりと寝そべることができるので熟睡も可能。目覚めたらあっという間にクアラルンプールに到着です。さらに様々な特典が付きます。

プレミアムフラットベッド詳細

プレミアムフラットベッドの特典とは?
<日本⇔クアラルンプール>
・40kgまでの受託手荷物
・機内食 様々な機内食から1食をチョイス
・プレミアムフラットベッドが座席指定可能
・枕と掛け布団の提供
・出発2時間前まで無制限で日付・時刻の予約変更可能 ※運賃の差額は請求されます
・専用カウンターでチェックイン、優先搭乗
・Xcite機内エンターテインメント
・エアアジア プレミアムラウンジ利用
・優先受託手荷物受取り
・Tune Protectがご提供する保険の適応により手荷物遅延と1時間のオンタイム保証

アラルンプール便の大きな特色は、まず『Xcite機内エンターテインメント』。映画、ドラマ、音楽、ゲーム、雑誌が楽しめるタブレットとヘッドホンまたはイヤホンが無料(ただし貸出し数に限りあり)でレンタルできます。好みの機内食を1食チョイスして味わいながら映画を楽しむ、そんなリラックスタイムをお楽しみいただけます。

マレーシア料理から和食(鮭の照り焼きそぼろの三色丼、おにぎりなど)までバラエティ豊かな機内食メニュー

際線、国内線でそれぞれメニューが違い、この便ではマレーシア料理を楽しめるのも嬉しい点です。人気ナンバー1は『パク・ナセルのナシレマ』。到着よりもひと足早くローカルフードをいただけます。ハラール対応でベジタリアンメニューも用意されている他、メニューを選ぶ楽しさも出発の準備に加わります。

マレーシアの国民食『ナシレマ』。ココナッツミルクや塩他でジャスミンライスを炊き、揚げたイカンビリスという小魚、ピーナッツなどのトッピングがされている

プレミアムフラットベッド特典のお食事はミネラルウォーターかコーヒー付き。機内で支払はマレーシアの通貨、リンギットになり、日本円で支払うとリンギットのおつりになるので事前に予約・購入が便利。さらに割引価格で購入できます。

【機内食一例 クリックすると拡大されます】

機内食詳細

アラルンプール便の魅力はまだまだ尽きません。

AirAsiaプレミアムレッドラウンジ

田空港への帰国便はクアラルンプール国際空港14:40発のD7 522。して復路の特典、プレミアムフラットベッドのクライマックスとも言えるのはAirAsiaプレミアムレッドラウンジです。VIPルームやリラクゼーションスペース、シャワールームやPCコーナーなど充実した空間が用意されています。場所は、klia2国際線出発ホールの中2階(エアサイド)、24時間営業です。プレミアムフラットベッド以外にプレミアムフレックスのゲストも利用できます。

イメージカラー、赤の散りばめられたラウンジではシャレたカフェのようなラウンジ。上の階には横になれるスペースもある

滑走路に面した爽快なラウンジでホッとひと息。旅の想い出を語らい頃にはマレーシアとエアアジアXの魅力を十分に堪能できているはずです。

マレーシア料理やサンドウィッチなどの軽食、ビールやソフトドリンクが用意されている

さて、エアが決まったらいよいよ旅の始まり! 次回からはマラッカをご紹介します。

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックして各政府観光局とエアアジアXで

協賛(順不同・敬称略):マレーシア政府観光局セランゴール州政府観光局エアアジアX
写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

<バックナンバー>




Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

3,144,229 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image