【Asian Journey1-1】Introduction 今行くべきフィリピン、ボホール島

Asian Journey

楽園の宝庫 フィリピン

の休暇の行先はお決まりですか? えっ、またハワイ? グアム? サイパン? いえ、それが悪いんじゃないんです。「慣れてるから」「新たなところに行くのは面倒だから」、そんな理由ならばもったいないと思って。

人は一生のうち何度旅に出られるのでしょう。この先アナタはいくつの土地を訪れることができて、そこで何度感動することができるのでしょう。まずは指を折って数えてみてください。世界はとても広くて、果てしないものですが冒険家でさえ一生のうちにすべての国々を巡りきることはできないはずです。そう言われて、ちょっと焦ってしまったアナタに、まずは新鮮で美しい楽園をご紹介します。

れはフィリピン。羽田や成田からマニラのニノイ・アキノ空港まで4、5時間という近距離。時差は1時間。まずは「そんなに近かったの?」と再認識される方もいるでしょう。

すが同じアジアにあるというのに残念ながら私たちはフィリピンのことをよく知りません。

青い海と空、白い砂。7107からなる緑に縁どられた島、咲き誇る花々、豊富な果実、朗らかでやさしい気質を持つフィリピンの人々が満面の笑みで迎えてくれる常夏の楽園です。ひと度、その目で確かめれば一生心から離れない景色になるのは間違いありません。

ボホール州、バリカサグ島のビーチ。世界最高透明度の海に数えられ、ダイバーに人気の島

去を振り返ればスペイン統治、アメリカ合衆国統治、そして日本軍による占領他の傷を負い、複雑な政治と歴史を辿った国であるのは事実です。一方で様々な風土を受け入れる深い寛容さと辛抱強さを持ち得、フィリピン流の文化も生み出しました。

マニラ、リサール公園のホセ・リサールモニュメント。フィリピンの国民的英雄と全国民から崇拝されるフィリピン独立運動の牽引者。 1896年、35歳の若さで処刑された

いばかりではなく、そもそもフィリピンは日本人がとても過ごしやすい国です。主食は白米。中国やスペインの影響を受けているフィリピン料理は醤油ベースの味付けが多くワタシたちの口にとても合います。スパイシーさもほどほどで食べやすい味わいです。

(左上)クリスピー・パタ(右上)アボド(左下)シシグ(右下)ハロハロ

ニンニク、唐辛子を加え油やラードで揚げた豚足、クリスピー・パタ。鶏、豚、牛肉を煮込んだ定番のおかずアドボ。ご飯にもおつまみにも合う豚の頬肉などの切れ端を炒めたシシグ。タガログ語で混ざるという意味を持つハロハロ。どれもひと口食べればフィリピンの食の魅力に引き込まれてしまうでしょう。

価も安く、豊かな自然に恵まれリゾート地としての財産も豊富。NYの旅行雑誌『Travel + Leisure』の2017年度『世界のトップ10の島』の1位は2年連続でパラワン島、3位にはボラカイ島が選ばれるなど世界中を魅了しているのことが証明されています。その秘密が離島や山岳地帯に広がる豊かな自然を活かしたエコツーリズム。Ecological Tourismとは自然環境の保護、保全に徹した観光行動を意味する造語。まさにVoyager世代が求めずにはいられない観光スタイルといえるでしょう。

新たな土地を訪ね、歴史を紐解く、文化に触れる。それが旅の醍醐味です。身体を休めるだけでなく好奇心に目と心を輝かせ、明日からの日々の糧にして欲しいとVoyager編集部は考えます。だからこそ今、行くべきなのはフィリピン。そして7000を超える島から厳選したのがボホール島です。

続きを読む

Voyager編集部

271,057 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image