【Asian Journey2-3】深水埗から放たれる伝統への挑戦2 『寶華扎作』 歐陽秉志さん

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。第2弾は大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化をお送りします。


水埗(シャムスイポー)のいわば坩堝にある豆腐専門店『公和荳品廠』からは、少し静かで、少し離れた場所に位置するのが福榮街。ここに紙紮アーティスト阿志(アチー)こと歐陽秉志さん(43歳)が営む『寶華扎作』があります。

■寶華扎作(Bo Wah Effigies/ポウ・ワー・ツァッ・ツォッ)
住所:香港深水埗福榮街2號C
2C, Fuk Wing Street, Sham Shui Po, Hong Kong.
電話番号:+852 2776 9171
営業時間:09:00~18:00
定休日:日曜日(不定休)

紮、それは亡くなった人にお供えする紙の奉納品です。お葬式や法要、誕生日といった故人に所縁ある機微に、この紙と竹で作った細工を捧げるのが道教式のご供養です。そしてこの紙紮が香港のユネスコ無形文化遺産に指定されたこともあり、今各国から高い関心を集めています。

道教式の供養 紙紮とは?

こはまるでおもちゃ屋さんのようにも、駄菓子屋さんのようにも見えます。お菓子の詰め合わせや洋服、ケーキに具の盛りつけられたお鍋、寿司……と様々なセットが所狭しと並べられ、中には冥途銀行発行の元やドル紙幣も渦高く積まれています。そんなお店兼工房のこじんまりとしたスペースで阿志さんは愛猫のマァォ(猫という意味)と共に少しはにかみながら迎えてくれました。

「紙は故人があの世で幸せに豊かに暮らせるようにと願って祭壇にお供えしたりお棺に入れたりして燃やすのためのもので道教のお弔いに欠かせないものです。でもここに並んでいるほとんどが既製品です。は専門の職人が香港にもたくさんいて手作りしていたものですが時代が変わり中国の工場で量産されるようになりました」

の分、求めやすくなりましたが結果、紙紮という文化と作り手たちは活路を断たれることになりました。紙紮職人は他にランタンや冠婚葬祭に贈られる花輪、獅子舞の獅子頭など竹を使った細工ものを手掛けますが、いずれにせよ時代は古き良き文化にそれほど寛容ではありません。

【既製品の紙紮】

ソックリにつくるという職人の真心

港の信仰の主となる道教は中国三大宗教に数えられ道(タオ)とも呼ばれます。その慣習にのっとって日用品ばかりか家、メイドやガードマンなどの人型を模した紙紮まで手向けるのです。製品は凡そ1,000円前後で売られていて供えの種類も多様。CHANELやLouis Vuittonといったブランド品のバッグや靴は当たり前、洋服、家電、入れ歯入りのデンタルセットという心配りは日本人の私たちから見ると珍しく、ある意味ユニークであり故人を偲ぶ世界観の多様さに感慨を感じさせてくれます。


◆紙紮のオーダーの片手間に作品作りをする。次作のための竹で作った型

かに手軽なお供えが増えたもののそれはそれ。今でも特別な紙紮を用意しあの世への旅支度をする儀式はおろそかにしている訳ではありません。何を隠そう、そこに革新の風を吹かせたのが彼でした。

「高校を卒業後、デザインの勉強をしたのち父のもとで家業を学び、受け継ぎました。経験を重ねるうちに伝統的な祭祀とはいえ、日用品だからこそ現代的に進化するのは自然だと考えたのです。こでロボットやスクーターを自作し店先に飾るとメディアが関心を持ち始め報道されるように。そうしてみるみるうちに僕の紙紮が広まっていきました。これまでのオーダーにはペット、モンチッチのぬいぐるみ、アンパンマンの時計やファミコン、中には2mを超える車もありました」

下が阿志さんの作品。先ほどの既製品にはない、オリジナル性と手仕事のぬくもりがあります。だからこそ唯一無二の紙紮を求めて客が訪れ、ここで故人の人生を象徴するものが創造されます。その品々には見知らぬ亡き人の物語が浮かび上がるようです。

◆阿志さんの作品の数々 写真提供:寶華扎作

教や風水の考え方を重用する中華圏では葬儀や埋葬の日取りは風水師や道士のアドバイスで決まります。かし現代の香港では葬儀場や火葬場が不足していることもあり、物理的な問題で葬儀までに軽く1ヶ月を要するといいます。その間、オーダーから納品までは凡そ2週間が平均的です。時間をかければかけるほど、良いものができるのは当然ですが葬儀の場合は急で日程が限られてしまいます。からこそ一番に心がけるのは、依頼品になるべくそっくりに作り上げること。そのため、依頼時に現物を預かったり特徴を聞くだけでなく、Webや本を入念に調べて造形化します。

人が愛したものに加え、送る人が持たせたいものも十人十色。大好物のリクエストもあります。手羽先麺や香港式ミルクティー、中にはロブスター入りのハンバーガーと幅広いバラエティで、レストランのサンプルのようです。


◆まるでサンプルのような紙細工の手羽先麺 写真提供:香港政府観光局

しか使えないゆえに表現の限界に苦悩し思ったように造れないジレンマに葛藤することもあります。そしてどんなに素晴らしい出来栄えであっても燃やすためにある品は、故人と共に煙となるのがさだめ。手元には創作の情熱と写真が残るだけです。その儚さもまた紙紮の美学かもしれません。

うした努力により阿志さんの才能は芸術として評価されアテネのThe Breeder他、各国のギャラリーに展示される功績を重ねており、ひとつの伝統工芸を後世へと繋げる力を助けています。

◆写真提供:寶華扎作

統であろうと古いしきたりを守り、頑なである必要はありません。先人が築いた手仕事の尊さを守り、時代と共に変容させてていくからこそ残り芸術として評価されるのです。阿志さんの手によって紙紮が変わり、改めて供える意義も人々に問うきっかけになりました。

港の下町で知った初めて見るこの文化は、亡き人を想い見送る香港人の温かさも教えてくれました。そして深水埗は阿志さんや『公和荳品廠』のレニーさんのように創造的で頼もしい担い手のエネルギーで溢れています。香港に根付く文化を訪ねて、ぜひお立ちよりください。旅する意義を改めて街と人が教えてくれる場所です。

■寶華扎作(Bo Wah Effigies/ポウ・ワー・ツァッ・ツォッ)
住所:香港深水埗福榮街2號C
2C, Fuk Wing Street, Sham Shui Po, Hong Kong.

電話番号:+852 2776 9171
営業時間:09:00~18:00
定休日:日曜日(不定休)
※英語、日本語の対応はありません

【バックナンバー】
【Asian Journey2-1】Introduction 大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化
【Asian Journey2-2】深水埗から放たれる伝統への挑戦1 『公和荳品廠』 蘇意霞さん
【Asian Journey2-3】深水埗から放たれる伝統への挑戦2 『寶華扎作』 歐陽秉志さん
【Asian Journey2-4】祖父から受け継いだ幸せを招く美しい花文字 赤柱(スタンレー) 花文字師、ジョナサンさん
【Asian Journey2-5】ランタンの灯で香港文化を明日へと繋ぐ ザ・ペニンシュラアカデミー by ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-7】招福と美食の殿堂 カオルーン シャングリ・ラ 香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-8】カオルーン シャングリ・ラ 香港  文化遺産ウォーキングツアーでたどる香港の軌跡と麗しの鳥かごアフタヌーンティーセット ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-10】 九龍エリアでリゾート 新たなる香港ホテルスタイルを提案 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-11】香港の美食を堪能 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-12】 ラブリー&ラグジュアリーで大人を魅了するブティックホテル ザ・ポッティンジャー香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ1-ART 香港島・セントラルに登場 香取慎吾さん作ストリート・アート『大きなお口の龍の子(大口龍仔)』
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ2-FOOD 食之劇場エグゼクティブシェフ 長屋英章さん
【Asian Journey2-15】香港と日本を繋ぐ翼 プレミアムエアライン、キャセイパシフィック航空1

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックして香港政府観光局とキャセイパシフィックで
 

協賛(順不同・敬称略):香港政府観光局キャセイパシフィック
協力(敬称略):寶華扎作 現地コーディネート(敬称略):辻村哲郎


写真・文:泉美咲月(Satsuki Izumi)

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

1,204,131 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image