• HOME
  • 記事
  • Asian Journey , 香 港
  • 【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】 進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~

【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】 進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~

Asian Journey

駆け抜ける世代はもう過ぎ去りました。休むこと、時に立ち止まること、なにより旅をすることは今だからこそ大切なのです。目指すは近くて実は未知なる土地、アジア。Asian Journey、特別だけど手に入りやすい旅、なにより「楽しかった」「行ってよかった」と思える国、土地、ホテル、ご紹介します。第2弾は大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化をお送りします。

ウィン・フンシェフに聞く 香港アフタヌーンティーの切磋琢磨
ゲスト寄稿:大桃美代子さん

港はエネルギッシュで変化する街です。建築中のビルがあちらこちらにあり新しいものと古いものがモザイクのように混在し、多様性を受け止める器の大きさを感じる土地なのです。かつてイギリスの統治下にあった香港のアフタヌーンティーという食文化もまた、そのモザイクのひとつといえます。

カオルーン シャングリ・ラ 香港では現在2パターンのアフタヌーンティーを提供中です。平日は愛らしく遊び心ある鳥かごスタイルを、土・日曜日は季節のフルーツをテーマにしたアフタヌーンティー ビュッフェとバラエティ豊か。特にこの週末限定ビュッフェは13時から18時と香港中のホテルで一番長い時間楽しめるアフタヌーンティーとしても知られるだけでなく、肉や魚、点心といったスイーツ以外の軽食も充実したおすすめメニューです。

まや5つ星ホテルやカフェ、レストランの人気メニューに君臨し、香港人だけでなく旅する者を楽しませてくれる欠かせない存在であるアフタヌーンティー。その魅力をより深く知るためにエグゼクティブパティスリーシェフであるウィン・フンさんにアフタヌーンティー ビュッフェの人気の秘密を伺いました。

の道30年、フランスでのショコラティエ修行のキャリアを得て香港フーズフェスティバルではチョコレートを使った創作スイーツ部門で2度の金賞を受賞するなどフンシェフの活躍は枚挙に暇がありません。2001年に台湾で行われた香港政府観光局主催のイベントでは香港のハイティーを宣伝するチーフパティスリーにも就任、香港アフタヌーンティー界の顔と言っても過言ではなく、もちろんこのホテルのアフタヌーンティーも彼の作品です。

「私たちが提案するホテルのアフタヌーンティーは単なる習慣やメニューではありません。お客さまがホテルで食する優雅さを楽しみ、ゆっくり出来る時間を提供できるサービスであるべきです。スイーツが華やかでエレガントであることを求められ、その期待に応えるのが私たちの使命です。んといっても香港はアフタヌーンティー激戦区。良いものにお金を惜しまない香港人気質のせいで豪華にすればするほど話題になりお客様がお見えになりますし、ホテルとしても集客の主力商品です。とはいえ新しいもの好きの香港人を繋ぎ止めるのは指至難の業。に創意工夫が求められます」

こでフンシェフが注目したのは日本をはじめとした各国の果物。取材時のテーマはスイカ。日本、韓国、中国のスイカを集めここでしか食べられないバリエーション豊かなスイーツを作りだしました。

2018年6月提供 土日限定 スイカのアフタヌーンティー

<一例>スイカのアフタヌーンティー ビュッフェ
【Watermelon Themed afternoon tea buffet】
提供:ロビー階 カフェ・クール 【CAFÉ KOOL】
料金:2名 744香港ドル(別途サービス料10%)
アフタヌーンティー提供時間:13:00~18:00(無休)
予約:可 ただしのみ土日のみの提供
予約URL:https://www.shangrila.com/hongkong/kowloonshangrila/dining/bars-lounges/lobby-lounge/book-a-table/
※スイカにてのご提供は2018年6月いっぱいで終了しています。以降の詳細は直接お問い合わせください。

じスイカでも味も風味もそれぞれ異なります。日本のスイカは少し甘くて鋭く、韓国はタネが多いがジューシー、中国は薄い味で食感は小豆に似ているといいます。中でもお眼鏡に叶ったのは、くまモンのシールが可愛い熊本産。日本の果物をとても高く評価していると語り、特にぶどう、イチゴは大絶賛でした。美食の街、香港のシェフに評価されることはとても嬉しいことですし、海外における日本のフルーツの存在感が上っているのが実感できます。

「次にアフタヌーンティーに求められるのは、目の前で作って提供するライブステーションではないかと考えます。ディスプレイからライブに変わるとき、香港のスイーツ界も変わる。その日は近いと感じています」


◆写真提供:カオルーン シャングリ・ラ 香港 2018年7月、8月は日本、アメリカの品種の中から選ばれた桃が主役に

節の移り変わりと共に美味しさも食材とおいしさが変化するのがたまりません。6月のスイカ、7月8月の桃と、その度に進化するカオルーン シャングリ・ラ 香港のアフタヌーンティー、そしてフンシェフの奮闘に注目です。

大桃美代子(タレント・新潟食料農業大学客員教授・農業ジャーナリスト)ニュースをはじめ料理、クイズ、バラエティ、情報番組と、幅広い分野で活躍。食育や農業に関心が高く、雑穀エキスパート、ジュニア・野菜ソムリエ、おさかなマイスター・アドバイザーの資格を取得、地元・新潟にて古代米作りも励み『桃米』として販売中。地域活性化に取り組む団体を支援するため全国地方新聞と共同通信が設けた『地域再生大賞』選考委員を務め各地の取組みを視察。様々な地域で農業と食への取組みを紹介する講演が好評を得ている。

■カオルーン シャングリ・ラ 香港 
【Kowloon Shangri-La Hong Kong】
住所:九龍尖沙咀東部麼地道64號
64 Mody Road, Tsim Sha Tsui East, Kowloon, Hong Kong

代表電話番号:+852 2721 2111(英語対応)
公式URL:http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kowloonshangrila/


文:大桃美代子(Miyoko Oomomo)
写真:泉美咲月(Satsuki Izumi)

【バックナンバー】
【Asian Journey2-1】Introduction 大人が行くべき香港 「今」だから出逢える 香港の感動と文化
【Asian Journey2-2】深水埗から放たれる伝統への挑戦1 『公和荳品廠』 蘇意霞さん
【Asian Journey2-3】深水埗から放たれる伝統への挑戦2 『寶華扎作』 歐陽秉志さん
【Asian Journey2-4】祖父から受け継いだ幸せを招く美しい花文字 赤柱(スタンレー) 花文字師、ジョナサンさん
【Asian Journey2-5】ランタンの灯で香港文化を明日へと繋ぐ ザ・ペニンシュラアカデミー by ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-6】開業90年の伝統を実感 感動の滞在、ザ・ペニンシュラ香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-7】招福と美食の殿堂 カオルーン シャングリ・ラ 香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-8】カオルーン シャングリ・ラ 香港  文化遺産ウォーキングツアーでたどる香港の軌跡と麗しの鳥かごアフタヌーンティーセット ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-9】カオルーン シャングリ・ラ 香港  【寄稿・大桃美代子さん】進化する香港アフタヌーンティー文化 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-10】 九龍エリアでリゾート 新たなる香港ホテルスタイルを提案 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-11】香港の美食を堪能 ケリーホテル香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-12】 ラブリー&ラグジュアリーで大人を魅了するブティックホテル ザ・ポッティンジャー香港 ~Voyagerホテルセレクション~
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ1-ART 香港島・セントラルに登場 香取慎吾さん作ストリート・アート『大きなお口の龍の子(大口龍仔)』
【Asian Journey2-13】日本と香港を文化で結ぶ2-FOOD 食之劇場エグゼクティブシェフ 長屋英章さん
【Asian Journey2-15】香港と日本を繋ぐ翼 プレミアムエアライン、キャセイパシフィック航空1

【スポンサーリンク】
■情報はアイコンをクリックして香港政府観光局とキャセイパシフィックで
 

協賛(順不同・敬称略):香港政府観光局キャセイパシフィック
協力(敬称略):カオルーン シャングリ・ラ香港


Voyager は旅を愛し、旅で生かされる” 大人” のためのWeb マガジンです。旅に欠かせないもの、それは感動とストーリー、かけがえのない想い出。そのために実際に取材を経て、生の声を伺い記事を制作しております。だからこそ、このサイト全般において文章・画像等の無断転載、無断転記は固くお断りしております。文章、写真の著作権はすべてVoyager編集部に帰属します。



Voyager編集部

1,477,522 views

Voyager は旅を愛し、旅で生かされる" 大人" のためのWeb マガジンです。40 代、50 代のアジア旅を愛する男女のための提案、情報をお届けします...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image